ANAカードの審査に落ちてしまう理由として多いものは?

ANAカードに限らずクレジット付きのカードを所持するためには、クレジット会社から一定の審査を受ける事になります。
審査の基準としては、ちゃんと職業についていて安定した収入があり、住まいなどもその場所に長く住んでいるなどです。
審査を通過出来れば問題無いのですが、なにかの事が禍して万が一落ちてしまうと、その「落ちた」という記録が最低でも半年程度はそのまま残ってしまいますので注意して下さい。
そんな事にならないようにするためには、ANAカードなどに申し込む際に、今一度ご自分の生活状態などをしっかりと把握する必要があるということです。
しかし、ANAカードなどの審査に落ちる原因を調べてみたところ、そんな事ばかりでもなさそうです。
原因として意外と多かったのが申し込みの際に提出する書類の記入がなどです。
書き方が雑ということで、空欄が多かったりいい加減な書き込みが目立ったり、さらに誤字や脱字、間違えなどです。
ANAカードの審査でも、落とされる原因の中でこれは大きな比重を占めております。
(字が下手というのと、いい加減な書き方とは違います。
)例え字が下手でも、読みやすいようにしっかりと丁寧に記入すれば、それだけでANAカードを所持するに足る人物として、信用を得ることが出来るのです。
次にANAカードの審査に通らない原因をあげるとすれば、冒頭に申し上げた通り、勤続年数や年収、そして居住年数などが一定の基準に達していない場合です。
他には料金の未納がある人などのクレジットヒストリーが良くない場合でクレジットヒストリーは個人の信頼度を計る情報なので重要な項目なのです。
クレジットヒストリーは最低2年間くらい残るそうなので、ANAカードの審査に落ちた場合は、6ヶ月~2年支払い環境を整えておくようにしましょう。
ANAカードの審査に落ちた理由は?